私のLifestyle

トピックス

資格取得はスタートライン

資格取得はスタートライン
LINEで送る
Pocket

看護師のスタートライン

看護師になるにはまず国家資格の取得が必要です。そしてこの資格を取得したことによって看護師として働くスタートラインに立ったことになります。つまり、看護師の資格を取得したことがゴールではなく、そこがあくまでスタートラインという認識は忘れないようにしましょう。なぜなら、臨床に出てからの勉強がとても重要度が高く、同時にとても大変であるからです。看護学生の時に学校で習うことのほとんどの知識は基本中の基本です。実際の現場で役に立つことはほとんどありません。
看護師としてのスタートラインはあくまでも資格を取得したところです。学びがここで終わるのではなく、本当の学びがここからスタートします。

看護師の自己学習

臨床に出てから求められる知識は、その領域の医学書レベルの知識が求められます。お医者さんと同等の知識とまでは言いませんが、ある程度の医学に関する知識を持っていなければそもそもお医者さんの出す指示の理解が難しいです。結果として仕事のスピードが遅くなったり、最悪患者さんの対応が適切でなくなる危険性も生じます。
その為に勉強をするわけですが、突然勉強をしろと言われてもなかなか難しく手につかないですよね。そこでまずは自己学習から始めましょう。仕事をしていて理解に苦しむところ、わからないところ、疑問に思ったことをまずはインターネットなどで調べます。そしてその中から学びを深めたいことなども出て来るかと思いますので自分の興味がある分野も明確にすることが出来ます。しかし、すべての業務に関する知識を自己学習で補うことは難しく大変です。
そこで自己学習以外の方法も知りましょう。

内部の勉強会

一番参加しやすいものが実際に勤めている病院が開く勉強会です。勉強会の内容としてはどの部署でも共通して身につけておくべき内容を扱っていることが多いです。中でも自分のキャリアによってカリキュラムが設定されていることが多いので自分の身の丈に合う勉強が出来ます。また、部署における勉強会では自分が働く現場に必要とされる知識を扱いますので実践的な内容が多いです。そこでまずは自分が受け持つ仕事の勉強をしっかりやりましょう。

外部のセミナー

病院・部署内だけではなく看護師の勉強は外部のセミナーや研修会に参加することでも可能です。外部のセミナーの代表的なものは、日本看護協会が行っているものとなります。自分の病院以外の看護師さんと交流することによって医学の勉強以外でも学びになることがあります。自分が扱った事例は他の病院ではどういった対応がされているのか、別の病院の様子などがわかるため参考になる情報が多くあります。
自分だけでは補えない勉強をするなら、体系的に教えてくれる勉強会やセミナーに積極的に参加しましょう。

素敵な生活に向けて読んでほしい記事