私のLifestyle

トピックス

水準の高い看護を行う専門看護師

水準の高い看護を行う専門看護師
LINEで送る
Pocket

専門看護師とは

専門看護師とは、日本看護協会によって認定される資格であり看護学校を卒業する時に取得する資格とは異なります。混同されがちな認定看護師とは全く別物で、認定看護師は特定の分野において熟練された看護師が学ぶもので、水準の高い看護が行える資格です。一方、専門看護師は個人や家族、一定の集団を対象に水準の高い看護を行うことができる資格です。

専門看護師の役割

専門看護師の仕事でなすべき役割はおおよそ6つからなります。
1つ目は「実践」です。「実践」は個人、家族、集団に対して看護ケアを行うことです。2つ目は「相談」です。「相談」は看護師のスタッフへのコンサルになります。3つ目も似たような役割ですが「教育」です。「教育」は看護師のスタッフに対し、専門分野を教育する役割です。4つ目は「調整」です。「調整」は保健医療福祉チームを構成、構成後の管理をすることによって患者さんへの適切な看護がなされるようにすることを指します。5つ目は「提供」です。専門技術と技術の向上を図り、実際の現場において研究活動を行うことです。6つ目は「倫理研究」です。「倫理研究は」対象となる個人と家族、集団の権利を保守するために倫理面での問題や葛藤を解決したり、精神面のサポートを行います。
以上が専門看護師の役割となりますが、実際に働く場合はどのような仕事内容となるのかを理解しましょう。

専門看護師の仕事内容

専門看護師の仕事内容は分野によって分かれています。精神看護やガン看護に始まり、老人看護、小児看護などなど全部で9つの分野があります。
精神疾患の患者さんは例に挙げた精神看護の分野になります。精神看護は患者さん本人だけではなく家族も不安になることが多々あります。そして家族の方がどのような接し方をして良いかわからず家族の方も巻き込んでしまう二次被害の可能性もあります。患者さんと家族の方との間に入り、患者さんと家族の両方を守ることが必要不可欠です。
このような専門的な知識をそれぞれの分野で求められます。一般の看護師との違いはここにあり、その分野の専門家として認められている点にあります。後輩看護師の育成などを先頭を切ってしていくため、その分野のリーダーとしてリーダーシップも求められます。

専門看護師の今後

専門看護師は2013年の時点で1000人を超えるようになりましたが、今後はまだまだ増えていくことが期待されています。現在はまだ認定試験を受けるための教育機関が発達していないことなどもあり少ないですが、今後は教育機関が充実していくことに伴って社会的な認知度も高くなることが予想されます。

素敵な生活に向けて読んでほしい記事