私のLifestyle

トピックス

キャリアアップを目指して転職

キャリアアップを目指して転職
LINEで送る
Pocket

看護師の転職

看護師はストレスが多い職場です。人間関係に迷って転職をすることもあります。どうしようもないストレスを抱えている場合に、職場を変えることで解決しそうなら転職することをおすすめします。このような少しネガティブな転職も少なくない業界です。
しかし、このようなきっかけで転職を考える場合もあれば、キャリアアップを図った転職もあります。看護師としてスキルアップとキャリアを考えて、自分の知識と技術を高めて経験を十分に積んで一般企業に転職する看護師の方もいます。夜勤などをもうしたくないと考えて一般企業の夜勤がない会社に勤めることも可能なのです。

看護師のキャリアアップ

現在准看護師の場合に、正看護師へとキャリアアップを図れるように正看護師を目指せる病院へと転職することもキャリアアップを図った転職となります。准看護師と正看護師には現在、仕事内容や業務の面で大きな違いはありません。しかし給与などの面では准看護師は正看護師に比べて2割ほど水準が低いです。また主任などの役職のキャリアアップに関しても正看護師の方が有利になる場合が多いです。そこでキャリアアップをするために准看護師が正看護師の資格取得を目指すというのは少ないケースではありません。
では正看護師になるために転職するというのはどういうことかというと、病院や医療施設などの奨学金制度を設けているところに転職するということです。資格取得を積極的に応援してくれ、勉強の時間を取ってくれるなどの理解ある病院に転職することが、准看護師から正看護師へとキャリアアップするにはとても大切です。

看護師以外の資格

看護師の方の中には看護師以外の資格の取得を目指して転職する方もいます。例えば保健師や助産師、ケアマネージャーなどがあります。いずれも看護師として働いたキャリアが役に立つことが多いです。そして保健師や助産師になるためには看護師と同様に国家試験に合格する必要があり、且つ文部科学大臣の指定した学校で1年以上の勉強と単位の取得が必要です。ケアマネージャーは都道府県が実施している介護支援専門員受講試験に合格した後に、実務研修を修了することが必要です。そして実務研修修了後の修了証を受け取ることでケアマネージャーとして勤めることが出来ます。
看護師の働き方の特徴としては夜勤の存在があげられます。上記であげた職業では夜勤はほとんど存在しませんので自分のライフスタイルに夜勤がない方が良いという方にとっては、看護師以外の資格を取得するために勉強を始めると良いでしょう。

素敵な生活に向けて読んでほしい記事