私のLifestyle

トピックス

休暇日数はどれくらい?

休暇日数はどれくらい?
LINEで送る
Pocket

看護師の休暇に関して

大規模な病院では年間の休日は120日以上というのが当然というケースも最近は多いです。看護師の休暇に関して、昔は4週6休制というのも多かったのですが、労働基準法の改正が施行された現在においては4週8休制が多くみられるようになり、看護師の休日が多くなりました。有給に関しても初年度から10日もらえる病院や初年度から20日もらえる場合などもあります。では、この看護師の休みは勤務先で違いが生じるのか?気になりますよね。

勤務先での違い

看護師も同じ病院勤めといえど、勤めている病院によって休みが変わることは珍しくはありません。例えば夏休みが3日と冬休みが5日しかない、という病院もあれば夏休み冬休み共に5日もらえる病院などあります。
そこで注目したいのがクリニックです。病院とクリニックの違いは病床数によって分けられますが、クリニックの方が小規模です。クリニックだと休みが多く取れる、融通が利きやすいなどの人が少ないからこその病院との違いもあります。いずれにせよ、自分の求めるライフスタイルに適した休みがもらえる病院を探すのが最適です。

看護師の大型連休

看護師は基本的にはシフト制です。入院施設がある病院などは土日祝日関係なく患者さんが来ますので決まった曜日に休みをもらうことは難しいです。ただ、どの病院も休みを繋げて大型連休を自身で作ることは難しくありません。これも施設によって違いは出ますが、クリニックなどの小規模の勤め先ではクリニック自体を世間の休暇(正月・お盆)に合わせて休院することがありますので正月やお盆があるクリニックもあります。ただ、入院施設のある病院では土日祝日は関係ありませんのでシフトによります。
ただ、自分で夏休みや有給、振替休日を合わせて連休を作ることは看護師の仕事上そんなに難しいことではありません。私は求めているライフスタイル上、連休が絶対に欲しいタイプですが今までどの病院でも連休の取得に苦しんだことはありませんので、おおよそどの病院でも大型連休は取得することが可能と言えます。

平日休暇のメリット

入院施設があるような病院などでは残念ながら国民の休日は関係ありません。土日祝日に限らずゴールデンウィークやお盆、お正月などはなかなか望めません。しかし、世間一般の方がお休みな時に働いており、その分の休日は振替休日となりますので休みがない、少ないというわけではありません。つまり、世間一般の方と働いている日が逆転することが多いのが看護師です。
ここで私のライフスタイル上ですごく嬉しいことは、どこかへ旅行に行こうとした場合に安くすんでしまうことが多い点です。飛行機代もそうですがやはり繁忙時期は値段が高くなりがちです。また、繁忙時期ではない時期に旅行に行けるという点から混雑していないということも多いです。平日休暇のメリットとしてはここが最大のメリットと考えています。

素敵な生活に向けて読んでほしい記事