私のLifestyle

トピックス

医療補助や患者のサポート

医療補助や患者のサポート
LINEで送る
Pocket

看護師の役割

看護師の仕事には病院の中で果たすべき様々な役割があります。その中でも医療補助や患者さんのサポートは割合の高い役割となります。医療補助は問診や各種検査、点滴と注射などがあります。患者さんのサポートは食事・排泄関連の処理に始まり、患者さんの移送や検温や生活の記録、ベッドメイキングなどなど入院中の日常生活をサポートします。
次は医療補助、患者さんのサポートに関して具体的な仕事内容と必要なスキルを見ていきます。

医療補助

医療補助とはお医者さんの施術に関しての補助です。前述しましたが問診や点滴などがこれにあたります。そして患者さんの状態、症状を把握して記録し、お医者さんに正確に報告するというのも役割です。医療補助は専門的な知識や技術を必要とされますので資格が必要となってきます。この資格を取得するには国家試験の看護師資格を受験することで取得可能です。この資格に関しては人体構造の理解と看護の知識を求められます。
患者さんの体を任されることもあるので実習で実際に患者さんと接して学ぶことも資格を取得するには必要です。これには看護学校に通うのが一番早い手段となります。

患者さんのサポート

看護師が看る患者さんのほとんどは入院されている方です。そして入院されている方というのはつまり、日常生活を自宅で送ることが難しく、病態の変化にすばやく対応することが必要とされている方です。このような方たちをサポートするのも、勿論看護師の役割です。
具体的には患者さんの健康管理、患者さんの病院生活での相談に乗ることなどの心のケアがあります。患者さんのみならずその家族の方への配慮や対応も行います。患者さんの多くは現状をマイナスに捉えてしまう方がどうしても多いので、ただ日常生活をフォローするだけが看護師の役割ではなく、心のケアも大切にすることが重要です。
患者さんと接する機会もお医者さん、そして家族よりも長いのでなにか起きた時の為に患者さんの変化を敏感に感じ取る必要もあります。このサポートに関しても専門的な知識が必要とされます。介助の仕方一つをとっても危険な場合も少なくありませんので正しい知識と経験が必要です。

向いていると感じる人

私のライフスタイルは割とコミュニケーションを取る機会を多く持ちます。友人と飲みに出かけたり、旅行に行ったりと性格は外向的かもしれません。個人的な意見とはなりますが私は看護師という仕事が好きなので、コミュニケーションを取ることが好きな人は看護師に向いていると思います。また、勤務時間は夜勤などもありますのでストレスを発散することが上手で、体力面・精神面などが力強い人にはおすすめのお仕事です。

素敵な生活に向けて読んでほしい記事